新川崎芸術センター

瀬木俊と宮崎晋太郎による、新川崎駅周辺のセンター
お山の大将@立会川
3月末に新川崎の出番が決まってその会議をするために仕事終わりに瀬木と合流。集合は大井町で小雨の中歩いて立会川を目指し、途中銭湯に寄ったが、この銭湯、脱衣場に貴重品の管理を徹底して下さい番台に預けるようにして下さいの張り紙があっちにもこっちにもいたるところにあり、瀬木がぶるぶると怖くなって番台に預けるのにつられてぼくも預けて、中に入ると硝子戸の正面、タイル絵は大きな帆船で、その下の浴槽は全部で三つに区切られており、大人3人で入ると少し手狭な感があってなんだか落ち着けないお風呂だったねなんて話したその10分後、お山の大将に行く前に鳥勝という焼き鳥屋もあると言うので行くと、第一京浜を信号を無視してふらふらと歩く年のころは40くらいの男がいていまにも轢かれそうで、何とか渡りきってタクシーを拾って無事帰ったが、あれは怖かった。鳥勝に顔を出すと満員で断られ、また来ますと言って出ると軒先にこれまた40前かそこらのカップルがいて、店の中を覗く様子だったので、「満員みたいですよ」と言ったら有難うと言ってそのまま別れたけど、ここで「これからお山の大将に行くんですがよかったら一緒にどうですか?」と言ったら「え、そうですか?なあ、お前どうする?行く?よし。じゃあお言葉に甘えて」となって、日ごろ全く接点のなさそうな人とおしゃべりして、その男性と女性は同僚で社内恋愛をしてもう2年、ばれないように努めているが何度か地下の書庫で逢引の現場を見られてしまったこともあり、知ってる人は知ってるんだろうけどね、なんて話を聞いて、へーなんて言ってじゃあまたとなってもう一生会わなかったり、とかも出来たかもしれないと思ったら、もうひとりが、今日はおれはかわいい女の子としゃべりたいと思ってるんだよと言うので訳を聞くと、、、どうやらこういう話だった。いまから1時間半くらい前、ちょうどぼくが大井町に着くまでの間、少し早くついたので瀬木はJRのホームでベンチに腰掛けて本を読んでいた。するといきなり、背中にドカッと何かがぶつかってきて、何だ!??と思って振り返ると、顔立ちのととのった若い女だった。彼女は背中合わせになったホームのベンチに自分でも思ってないくらい勢いがついたために瀬木にぶつかってしまったようで、自分でじぶんにウケながら「うわ、すいません..笑」と謝ったという。「いいねーおれも喋りたいよ」「...(道行く美人にみとれる)ああ。」「お山の大将にいないかなぁ美人」「あそこの息子若くてイイ男だからそれに寄ってくるのがいるんじゃない」「そんなのにつられてくるのなんて年増のババアしかいないだろ」「そりゃそうかー」なんて言ってたらとうとう着きました、お山の大将!
c0207011_10122514.jpg

c0207011_10123558.jpg

c0207011_10224133.jpg

c0207011_10225443.jpg


c0207011_10231038.jpg

ここはグレープフルーツから始めるのでごわす。
c0207011_10231872.jpg

お通しのもつ酢
c0207011_10235149.jpg

お山の大将のレバ刺し
c0207011_10235958.jpg

たまごとお醤油でこんな具合に。
c0207011_1024552.jpg

串しお:ハツ・ガツ・喉下・レバー
c0207011_10241134.jpg

串タレ:ネギ・テッポー

レバ刺しの卵が器に残ってて、たまらずメニューにないところ無理を言い、白飯を頼んでぶっかけて食ったら大層美味かった!にんにく、効いてます!
帰り道、いよいよ活躍の期待されるチューハイ本搾りを酒屋で見つけて買って呑みながら西大井まで歩いた。

お山の大将
東京都品川区南大井1-6-8 1F
17時~23時(Lo22時30分)
日曜日、月曜日(祝日の場合)
03-3764-4197
[PR]
by sin-kawasaki | 2012-02-21 10:43
<< 告知:3/25「横浜第三現在会」 まえだ@茅場町 >>


by sin-kawasaki
プロフィールを見る
画像一覧
メモ帳
瀬木俊:
core of bells
カンパーニュ
ELGRAND
でギター等担当

宮崎晋太郎:
俳優、から揚げ屋、助っ人ラッパー

質問、出演の依頼等は
segi_elgrandアットyahoo.co.jp
へメールでご連絡下さい。
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧